October 16, 2007

First day of Open Water course

朝起きて部屋でWeight Trainingをする。今日から始まるCourseに備えて、しっかり身体を作らねば!(今さらだけど…) シャワーを浴びて、朝食。その後、今日からのCourseに備えてしっかり予習。その後、昼食。午後からClassが始まる。この日は講義で、最後にテストで75%以上取らないと合格できないらしい。学生時代以来の授業、そしてテスト…学生時代はテストはすごく弱かったので、さすがに緊張する。Instructorはヒロさん。最初は30分ちょっとビデオを見て、その後休憩を挟みつつ授業。みっちり4H以上。久々にこんなにマジメに勉強したは。なんせ、一歩間違えれば命に関わることなので、かなりマジメに聞く。気になるテストは…50問中49点! Perfectだったらヒロさんにビールをおごってもらう約束をしていたのだが、惜しい! なかなかPerfectを取る人はさすがにいないみたい。
でも、無事合格できました。

夜はヒロさんと、ClassmateでBuddyになるシュウジくん、明日からの実習のAssistantでオカマのシンちゃん。BBQをつまみながら飲みながらいろいろ語る。シュウジ君は、なんとパチプロらしい。そんな人種、本当にいるんだねぇ〜 マンガの中だけかと思ってたよ。

8:30くらいには解散。明日は7:30からプール実習で、午後からはいよいよ、というか早くも、というか海に出る。それに備えて早寝する。9:00には就寝。今日も超早寝!  

Posted by wildeagle at 00:00Comments(2)TrackBack(1)

October 15, 2007

Get to Koh Tao

途中1度Drive-inでRest stopをはさんで、バスはChumphonに向かう。早朝5:00ごろにChumphonの港着。港と言っても、ほったて小屋程度だけど…そこで2H待ち。すごい退屈。Coffeeを飲んだりしながらのんびり待つ。同じバスの人たちは、みんなカップルが大半なのでイマイチ話しかけづらい。なんでだ?

6:30くらいからBording開始。船内はだいぶ寒い。乗って2つのSeatを使って横になる。たぶん7:00ごろ出発。船内では爆睡。Seatranという船なのだが、どうやら元々は日本の船だったらしく、船内のサインは日本語のものが多い。ちょっと驚き。

9:00過ぎにタオ島着。天気もいいしいい感じ。船を下りると、予約していたBuddha ViewのPickup trackはすぐに見つかった。今日のお客は俺だけのようだ。のどかな田舎道を走って、今回お世話になるBuddha View着。Medical sheetとかいろんな書類にサインしたり手続きを済ませてCheck-in. Classは、翌日もう一人日本人が到着するのでその人を待って明日かららしい。Open waterとAdvancedの教科書を渡される。その後は、何もやることがないので付近を散歩したり昼寝をしたり、明日から始まるClassの予習をしたりしてのんびり過ごす。

夕食はBuddha ViewのレストランのBBQ buffetで済ませる。来るときの船もそうだったが、カップル率が異様に高くて話しかけづらく、退屈。いったいなんでそんなにPartnerがいるんだ? ここ25年強で1人、ここ4年間近く相手がいない自分のことを考えてみると、すごく不思議に思える。でもまぁこんな平和的なとこ、Partnerがいれば一緒に来たくもなるよねぇ〜 そんなこんなでこの日は21:00くらいに寝る。はやっ!  
Posted by wildeagle at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

October 14, 2007

A day in Bangkok

朝起きてシャワーを浴びて、散歩がてら朝食がてらKhaosanへ。Khaosanの裏のチャイディーマッサージのあたりをブラブラしながら、KhaosaにあるIrish barに入る。Garlic rice & Tiger beerのブランチ。

その後、一度宿に戻ったあとチャイディーマッサージのMorning serviceで1.5Hみっちりマッサージを受ける。首や肩から腰にかけてガチガチになっていたので気持ちよい。

背骨をボキボキされたらなんかスッキリした。その後、彼の宿を探すためにカオサン周辺をブラブラする。今、あの一帯は再開発をしているらしく、工事中のところが多かった。前に泊まった韓国人宿"出会いの広場"のあたりは新しい建物は建っていたり、すぐには分からないほど激変していた。まぁ、もう4年も前だからねぇ… 結局彼はKhaosan palaceに決定。

宿に戻ってCoffeeを飲みつつ予定を立てる。王宮&ワットポーに行くことに決定。チャオプラーヤ川沿いに歩いて大学を通り抜け、王宮へ。金色でなかなかかっこいい。が、ここのお寺は入場料が200Bと高額なため断念。歩いてワットポーに向かう。

歩き始めてすぐ、向こうの通りがやたら埃っぽいことに気付く。そして、その埃が近づいてくる… 雨だ! 急いで王宮のGateに逃げ込み雨宿りする。バケツをひっくり返したような豪雨。熱帯(?)に来たことを感じる。しばらく近くの本屋で雨宿りすると止んだので歩き始めるが、またすぐに降り出す。国防省(?)の近くのパラソルに避難。そこにはタイ人の人たちも雨宿りをしていて、ぎゅうぎゅう。しばらく待ってみたのだが、一向に止む気配がない。というか、雷も鳴り始めたりむしろ強まっている。一緒に雨宿りしていたおっちゃんがタイ語で何か話しかけてきて、しきりにTuktukに乗ることを勧める。どうやら当分止まないっぽい。しばらく待ったのだが、仕方なくおっちゃんのアドバイスに従いTuktukでKhaosanに戻ることにする。

Khaosanに戻ったのはいいものの、宿とは反対側の端で下ろされる…反対側へ行ってほしいと言ったのだが無理と言われ、仕方なく歩いて向かうことに。MacでCoffeeを飲んだ後、宿に戻ろうとするが、Khaosan大洪水! 道が完全に水没してKhaosan riverになっている。店によっては店内まで大洪水。あれはすごかった…

やっとの思いで宿に帰る。このころには雨は止んでいたのだが、また雨に降られるとイヤなので荷物をA&Rトラベル(今夜のタオ島行きの集合場所)に預ける。その後、Fake ISICを作ったり両替をしたりNet cafeに行ったりする。これで、ID的には晴れてUCB(University of California @ Berkeley)になったわけだ。

彼とは一緒に夕食を食べてコンビニで買い物をして、集合場所でお別れ。これからGo go barに行くらしい。楽しんでくれぃ! お互いの旅の安全を祈って別れる。1Hくらい待たされて、バスで出発。車内でSinghaを飲み干すと、眠くなって眠ってしまった。  
Posted by wildeagle at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

October 13, 2007

Leave for Bangkok

午前中Packingして、午後に出発。午前中にSkype outしてKhaosan road付近にあるNew SiamというGuest houseを予約する。普段はあんまり宿の予約はしないんだけど、今回は深夜着だしね。成田でCheck-inしたあと、リエチとお茶してSecurity check &出国審査。今はOff seasonなのでBaggageの持込はOKだったのだが、液体類の持込が厳しい… 結局めんどうくさいのでシャンプーとか液体類だけサブバックに入れて預けることに。ってか、最近のSecurity checkはいくらなんでも厳しすぎないか??

今日のNH915はB767-300でした。最初の予定では大型のB777の予定だったのだが…数日前に変更になったっぽい。Jump seat(非常口のすぐ後)だったのに前に壁があってあんまり広くなかった。定刻で成田発。

機内では隣の人と仲良くなった。俺より1歳上の人で、1週間の予定でアンコールワットとか行くらしい。今日の宿は予約してないそうで、一緒に泊まることにする。定刻通りBKK着。4年前に来たときはまだドムアン空港だったので、新しいスワンアプーム空港は始めてだけど、やたらでかい。韓国のIncheonとかも広かったけど、どっちが広いんだろう? いずれにせよ、成田は設備面では一歩劣ってる印象だよなぁ〜

Airport busでKhaosanに向かう。途中、夜中にも関わらずマラソンしてる集団(外国人を含む)を見かける。なんか大会っぽいのだが…こんな時間になんなんだ?

宿に到着後、暑いのでビールを飲みがてらKhaosanに行く。連れが写真を撮ってたら2人の女の子が一緒に入ってきた。ひとりはお父さんが中国人らしく、日本のお店(Spa?)で仕事してて日本語がうまい。もう一人はシンガポール人らしい。せっかくなので一緒にビール飲みつつ話す。そしたら、"一緒にホテル行かない? ワタシノヘヤチカイ。ココカラ1プン"って…Street girlだったの? よく分からないけど、疲れてたし金もないので丁重にお断りする。けっこうカワイイ子だったけどね。しかし、Backpackerとか貧乏旅行者しか集まらないカオサンなんかでそんなことやって儲かるのかねぇ? その後も道で会ったら股間見せ付けてきたりといろいろあったのだが、まぁそんな感じでした。その後、帰って寝る。  
Posted by wildeagle at 00:00Comments(0)TrackBack(0)